読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっといてくれ

茶化したり馬鹿にしたりしないでください

雨と頭痛と憂鬱

人はこうして宗教にハマるのかなとか、人はこうして自己啓発にハマるのかなとか、そういうのにハマるのってなんかこうそういう遺伝子みたいなのがあって親がハマると子もハマるんじゃないのかって思い始めてる。私は今のところ宗教も自己啓発も嫌いだし、他人の意見で納得いくものがあってもその人の全ての意見を肯定しようとは思わないから平気だとは思うんだけどそういう安心感がある人ほど何かにハマりやすいとか言うしな〜。すっごい尊敬する人がいてその人の言うことでも分かるって思えるものと分からないって思うものがあるじゃん。だから尊敬しててもその人の全てを肯定する事は出来ない。妄信的にはなれない。なりたくない。でもそう思ってる人ほどハマるっていうじゃん。催眠術も洗脳も自分は大丈夫って思ってるやつほどかかるみたいなさ。だから油断出来ないんだろうなあ。って思ってるともう全てを疑ってしまって逆に猜疑心はんぱねえってなるんだよなあ。何でこう極端になるのか。

ってぼんやり思ってるのには理由があって、まぁ身近なやつがもう訳分からんセミナーみたいなの行き始めてさ。いや訳分からんってのは私の見解であってちゃんと説明を受けたらもしかするとまともな座談会とかまぁしっかりしたものなのかもしれないけど。その身近なやつAさんをそのセミナーに紹介したBさんのブログを読ませてもらったんだけど、やっぱり訳分からんとしか思わなかったんだよなあ。
というのも、そのセミナーはセルフカウンセリングみたいなことを団体でするセミナーで、私が説明を読んだ感想から言うと自己啓発セミナー。Bさんはご両親が毒親(つってもBさんが言ってるだけだから実際問題どうなのかは知らない)らしくて、自分を押さえ込んで生きてきて精神的に病んでたらしい。で、病院通ったりセラピストと話したりして自覚して改善し始めてそのセミナーに出会ったとか。Bさんいわく、Bさんは完璧主義で否定されるのを恐れていて人の顔色を伺って生きてきた、人間関係で深い付き合いが出来ず自分の悩みに踏み込んでこようとされたら言い負かしたり絶縁したりして逃げていた、弱みを見せたくなくて否定されたくなくて大学を辞めたり就職活動をしなかったりした、らしい。それをセミナー受けて気づいて、改善し始めたって。こういう事情を聞いて同情するか否かで変わるよね色々と。それでAさんはその事情に同情して同調してセミナー受け始めたらしいんだけど、そのAさんもブログをやってて読んだらもう完全にBさんの影響受けてんの。記事の文章の装飾同じにしたり、自撮り載せたり、更には自分の親も毒親だって。ほんとまんま同じやんけってこと書いてたりしてな。セミナー受けたらちゃんと笑えるようになったの(自撮りつき)、ってAさんもBさんもやってんの。で、Bさんはこのセミナーにみんな来て!って言うばかりか自分もセラピスト的なものになるっつってお金とって座談会みたいなの開こうとしてる。AさんはBさんに傾倒してんのか、Bさん(夜職)と同じ仕事をしようかなとまで言い出してる。ちなみにどっちも美人とかではない。

こういう書き方してりゃ伝わるだろうけど私はこういうの嫌い。なんと言うか結局そいつらには自分の芯になる考え方とかコレ!ってものがなくてただただ自分が楽な方へ流されてるだけに見えて、なのに「私はこんなに考えてこんなに悩んでこんなに自分のアイデンティティを大切にしてます」みたいなこと言うから納得いかない。いやお前人のやってること言ってることそのまま鵜呑みにしてるだけじゃねえかって思う。まぁそうやってメンヘラ脱出できるんならいいと思うけど、そのセミナーとやらにお金払って参加して、更には自ら布教していくんだとしたらそれは私からすると何も変わっちゃいない脱出できてないって思う。依存対象が変わっただけじゃね?
あといつも思うんだけどメンタルとかそういう、精神的な部分で人を助けますって言ってるやつが金とってるの納得いかない。肉体的な病は根本的な解決が見えやすいというか分かりやすくて、例えば手術をして取り除くとか薬を使って消滅させるとか検査をして問題をみつけるとかあるけど精神的な病はそう見えるものではないじゃん。例えばその精神的な病が脳みそでなんかの物質が異常に出てるとか出てないとかで起きたものだとしたら、もしかしたら薬でどうにか出来るかもしれない。でもそれって分かるものなの?精神科とかセミナーとかで分かるもん?医者ならまだしも何も資格のない人ってなるとより不信感が募る。外科的手術で治るもんでもないもんな、ロボトミー。何が病気の始まりで何が病気の終わりなのか分からない。医者はさておき、ど素人がそういうものでお金とってるのではそういう、治ったのか治らないのか、そもそも治す治さないの段階なのか分からないのにお金とるの?って疑問と、「あなたを助けたい」「みんなを幸せにしたい」と言いながらお金とってんのもおかしくね?善意でやってる訳じゃないってこと?って疑問がある。
誰だって落ち込んだり悩んだり精神的に不安定になることはあると思うんだ。今の時代なのか私がそういう年齢になったのかは分からないけど、そういう悩んでるとか落ち込んでるとか言いづらくはなったと思う。例えばSNSだとかこういうブログだとかで「今これこれこういう事があってつらい」って書いたらそれだけで批判されたり陰口叩かれたりするじゃん。それだけでメンヘラ扱いとかね。私はメンヘラ扱いされたくないから言いたくても言えないって時がある。その悩み方というか落ち込み方も期間も人それぞれだと思うんだけど、その辺どうやって病気かどうか見極めるんだろう。ただ単に悩んでるってことになるのか、それとも病んでるってことになるのか。病気扱いはどこから?ていうか悩んでるってことが病んでるってことになるの?
ある程度の落ち込みや悩みや憂鬱は自分の考え方一つで変わると思う。私はそう。自分で前向きになれるように考えてりゃ大体乗り越えられてる。でもそれは私の運がいいってことなのか?肉体的な能力に個人差があるように、精神的な能力にも個人差があって、メンタル病みやすい人も病みにくい人もいると思うし、やっぱそういうのも関係しててどうやっても前向きになれないし乗り越えられないって人もいるのかもしれない。
かもしれないって不確かというか、断定できない事ばかりだな。

って打ち込んでて考えるのがめんどくさくなってきた。
いつもこうなんだよなあ。だんだん考えるの疲れてきて「まぁ自分がそうしたいならそうすればいいよね」みたいな投げやりになる。AさんもBさんもそれが幸せならそれでいいよね。私を巻き込まなければ別に何してくれてもいいわ。


私自身なんかもやもやして悩んでて憂鬱だったはずなんだけどなんかどうでもよくなってきた。なんかコレって明確な悩みがあった訳じゃないんだけどなんとなく誰かに責められているような自分が悪いことをしているような気がして落ち込み〜って思ってたし考えなきゃいけないことが山ほどあるような気がしてたんだけどなんかもういいかな。
結局いつも、考えたって悩んだって分からないことは分からないんだよなあって結論に至るんだよなあ。忘れちゃうんだけど。だから毎回似たようなことで悩んで考えて、結局わかんねえなって思うんだわ。いつもそう。考えすぎるなって言われたのになあ誰かに。誰だったか思い出せないけど。考えても分からないんだから行動しなきゃなのにいつも忘れてしまう。なぜなのか。


雨が降ると頭痛。
ちくしょう。


どんな時でも今が一番若い自分って、なるほどなあ。