読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっといてくれ

茶化したり馬鹿にしたりしないでください

ああいえばこういうのは私です

ビデオ版呪怨には栗山千明さん以外にも、キッズウォ〜でリカちゃん役をやっていた女優さんや学校の怪談1と学校の怪談3に出演していた女優さんも出てるんだけど誰に言っても通じないからここで発表しておきます。
あと多分市原隼人さんも出てる。多分。それとカンナ役をやっている女優さんが好きだったのに見なくなって残念です。


そういや夢を見た。自殺する夢だったんだけど、右側の脇腹にナイフを刺して死ぬぞって時になって自分の部屋にある手帳だとかノートだとかを処分したくなって「やっぱタイム!あれ処分してから死ぬ!」って言って救急車呼ぼうとしてでも救急に電話して今お腹にナイフ刺さってるって説明しても「じゃあこっちまで来院して」って言われるだけで救急車よこせよ!って怒ったところで起きた。
起きた時になんか、自殺する夢なんて初めてだなってショックに思いつつもオチがついててくだらなくなった。お腹にナイフ刺さったまま何でそんな間抜けな会話してんだよって。


どんなに嫌なことがあったり、どんなに憂鬱な気持ちがあっても一時間後に忘れてるかもしれないって知ってるので。こんなに落ち込んだのは始めてだこんなに引きずるもんなのかって思ったことがあっても私は一ヶ月で完全にどうでもよくなって笑ってたから。思い返してばかばかしくなってくる。


すっごい卑屈ですっごい捻くれた考え方をする人の発言に共感することがあるんだけど、共感しつつもこの人とは仲良くなれないなって思う辺りがもう屈折しすぎてて自分でも意味が分からない。でも多分相手も私とは仲良くなれないと思ってる。自分もだいぶ捻くれてるとは思うけどお前ほどじゃねえよ…って思ってる自分に驚く。人の事言えないだろって。


需要と供給だとか生産と消費だとかそういうもののためにって言うと語弊があるけど保険だとか年金だとか生活費だとか交際費だとかそういうもののために生きるのが社会的に生きるってことだと思うんだけどたった一回で使い切りの人生で社会的に生きるってのは有意義なのかどうかってたまに分からなくなる。
かと言ってそういうものを気にせずに例えば行き当たりばったりな旅に出たり人の目を気にせずに自分の興味関心の赴くままに生活してみたりっていう、うーんなんて言ったらいいのか、文化的って訳でもないし本能的って訳でもないような気がするけどとにかく社会的とは言い難い人生ってものにも何故か抵抗がある。抵抗があるのは自分の周囲の人間の大多数が社会的に生きていて、みんなが我慢してそう生きているんだから私もそうして生きなきゃいけないんじゃないかっていう気持ちがあるからなんだと思う。多分。
みんな知らず知らずのうちにどちらかを選んでいくんだと思うけど、私はどちらも選べなくてどっちが正しいんだろう?ってずっと迷ってる感じ。
でも中にはその一見社会的とは言い難いを考え方や生き方を利用して社会に関わって、両立させている人もいるんだからまた訳がわからなくなる。真っ先にナオトインティライミを思い出した。


何かやりたいからお金と時間がほしいと思うんだけど、お金と時間を得る手段つまりは職種に関しても自分の興味関心のあるジャンルや内容がいいなと思う自分と、自分が興味関心を抱けなくても安定的で望むお金と時間を得られるジャンルや内容がいいのかもしれないと思う自分がいて板挟みになっている。
面白そうだなと思うジャンルや内容に関しては実際今までそれで選んで色々ネタを得たり技術を得たり知ったりできたからそれはそれでありだよなとも思うし、でも興味関心を抱けなくても安定的で望むお金と時間が得られれば自分のやりたいことが満足に出来るかもしれないという期待もある。でも私は極端に言ってしまうと自分が興味関心を抱けないジャンルや内容だったとしたらもう何でもいいなと思っちゃうぐらいなので、選ぶのがめんどくさい。もう勝手に誰か選んで応募しといてくんねーかなと思うレベル。思い返せば進学する時もなんかそんな感じだった。自分で探すのめんどくせーなと思って適当に調べてなんとなくこれでいいかと思ったところに進学してたわ。今思えばそれで良かったなと思えてるんだから不思議。たまに友達や知り合いで小学生からやり直したいとか言う人がいるけど、私は小学生からやり直しすなら今の記憶を維持した状態で同じように進学したいなと思うくらいに自分の選択に後悔が無い。
話がずれた。とにかくもう何でもいいんだよなあ。何でもいいから逆に「これ選ぶならこっちも選ぶってことじゃないの?てことはこっちもじゃない?あれ?こっちも?」って切りがなくなってめんどくさくなってくる。